フォトクロミック分子が光に反応

トランジションズレンズが紫外線にさらされると、レンズの中の何兆個ものフォトクロミック分子の構造が変化し始めます。この反応によりレンズの濃度が高くなります。

トランジションズシグネチャーには、これまで以上に光に敏感に反応する、トランジションズ オプティカル独自の最新のChromea7(クロミアセブン)テクノロジーが搭載されています。


最新のChromea7(クロミアセブン)テクノロジー

特許取得済みのテクノロジーは、レンズの表面に浸透させた独特の染料から形成されています。染料は、光の変化に応じて絶えずスムーズに調整される分子で構成され、分子は絶えず適切な濃度に調節されるため、常に最適な量の光が眼に届きます。


反射光にも敏感に反応

Chromea7(クロミアセブン)テクノロジーはわずかな間接光にも反応するように設計されています。間接光は建物や車などの表面から反射する光、あるいは木々や雲間から漏れる光など、さまざまな光源によって生み出されます。装用者が光源に顔を向けていなくても、レンズは光を感知し、その状況に適した濃度に変化します。


高温下でも濃くなりやすい

従来のフォトクロミックレンズの分子は気温に影響されます。熱と分子の相互作用により、高温下では低温下ほどレンズが濃くなりません。Chromea7(クロミアセブン)テクノロジーの分子は、天気に左右されないよう構造化されているため、高温下でもレンズが濃くなります。


最適な濃度、最適な色合い

他のフォトクロミック(調光)レンズは、さまざまな光に応じてレンズが色付き反応する際、多少なりとも
色ムラの現象が生じます。トランジションズレンズの染料とクロミアセブンテクノロジーは共に作用し、
グレーとブラウンのあらゆるレンズ濃度の着色を均一にしています。


革新的な製品のための画期的なテスト

人は毎日、さまざまな場所、気温、気候下でメガネを装用します。晴れの日や曇りの日など、あらゆる空模様を経験し、太陽と人の位置関係も大きく変化します。当社はこれらの要素をすべて考慮しながら、世界中で装用者が経験するであろう1,000以上の場面を盛り込んだ200以上の実際の状況下で、Chromea7(クロミアセブン)テクノロジーをテストしました。