トランジションズ ドライブウエア
2つの突出したテクノロジー
の融合

トランジションズ ドライブウェア。このレンズに搭載された業界でも最先端の二つの技術、それがトランジションズのフォトクロミック テクノロジー、そしてニューポラー偏光機能です。


偏光機能のパワー

偏光テクノロジーを考えるとき、トランジションズ ドライブウェアの誕生はまさに飛躍的な出来事と言えます。一般には、レンズがかなり濃い状態にならないと偏光は実現できません。トランジションズ ドライブウェア レンズは優れた特性によって、レンズがそれほど濃くない時でも偏光効果を得ることができます。製造技術を並外れたレベルへと引き上げることで初めてこの偏光特性を実現することができたのです。トランジションズ ドライブウェア レンズはいつどこでも機能を発揮します。


うす曇りのコンディションの時は

トランジションズ ドライブウェアは、光量に応じてグリーンイエローからコパー、そしてダークブラウンへとレンズカラーが変化します。

うす曇りのコンディションでは、トランジションズ ドライブウェアのレンズはグリーンイエロー。眼に適切な情報が入るくらいの明るさを保ち集光効果の高いカラーです。


車内(UVカットされたフロントガラス)の場合

たいていの調光レンズは紫外線に反応しますが、車のフロントガラスはほぼ100パーセントUVカットされています。トランジションズ ドライブウェアが持つ特性の一つは車内における反応であり、これは紫外線だけでなく可視光線にも反応する性質を備えているためです。

可視光(まぶしさ)にさらされると、レンズの色はコパーに。多くのドライバーが最も快適だと感じる色調であり、まぶしさを抑え、赤とグリーンを強調することで効果信号の視認性を高めます。またコパーの色調によって奥行きの距離感も高まります。


まぶしい晴天下の時

屋外では、トランジションズ ドライブウェア レンズは紫外線と可視光線の両方によって活性化し、ダークブラウンに。この色調は過剰な光量を減らし、おだやかな視覚を確保します。レンズカラーのブラウンには緑色の強調効果がありますが、緑は自然の風景で最もよく目にする色。つまりアウトドアのアクティビティにふさわしいといえます。


夜間の場合

トランジションズ ドライブウェアは、普通のサングラスのように太陽の下、あるいは日中の運転のために開発されたレンズです。夜間に使用することはできません。

トランジションズ ドライブウェアはサンレンズと位置付けているとおり、完全に透明になることはありません。光量の少ない状況ではグリーンイエローの色味で、コントラストを高めつつ眼に適切な情報が入る程度の明るさを保ちます。


トランジションズのフォトクロミックテクノロジーについてもっと知りたい場合は?